NEWS

協会からのお知らせです。

夏の交通安全県民運動が実施されます

7月11日(木)から7月20日(土)まで、夏の交通安全県民運動が実施されます。

スローガンはゆずりあう心で夏の交通事故防止

  • 子供と高齢者の交通事故防止
  • 横断歩道における歩行者最優先の徹底
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶
  • に重点を置いて実施します。

    免許返納支援のご案内

    各務原市では免許返納をすると、3種類の公共交通ICカード「マナカ・トイカ・アユカ」のうち1種類3000円分が交付されます。

    市内では電車やバスといった公共交通のほかにも、ふれあいタクシーや、尾崎の「もやいタクシー」、丸子町の「福祉タクシー」といった公共タクシー事業も実施されておりますので、これらも併せて活用してみてください。

    令和最初の春の全国交通安全運動が実施されます

    2019年春の全国交通安全運動ポスター

    統一地方選挙の関係で、例年4月に実施していた全国春の交通安全運動は、元号が平成から令和へと変わる5月の11日から20日まで実施されます。

    子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止、自転車の安全利用の推進、全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底、飲酒運転の根絶を重点において実施します。

    さくら祭り会場で飲酒運転防止啓発を実施

    市の観光名所の一つである新境川堤一帯において、さくら祭りが開催されました。

    車で来場される方が多く、花見にはお酒も入ることから、協会は、飲酒運転防止のため、花見客に飲酒運転防止の啓発ティッシュを配布しました。

    改元に伴い事業年度を変更します。

    本年2019年は、協会前身組織である交通指導隊発足50周年であり関係行事が多くあることと、平成最後の年であり、また、新しい元号「令和」元年であることから、和暦を用いている協会では、混乱を防ぐため、4月の一か月間のみ平成31年度として事業を行い、5月から令和元年度として事業年度を分けます。ご理解をお願いいたします。

    平成30年度

    市内で交通死亡事故が多発しています。

    昨年12月から今月にかけて、各務原市内では交通死亡事故が4件発生しています。

    うち3件が、高齢者の方が被害に遭ったものです。

    昨年、県下では、10月から12月までの交通事故死者数が一昨年と比べ、約20人増加し、28年から減少傾向にあった年間死者数が再び増加傾向にあります。

    夜間外出の際は、「反射材」を身に着け、自身の存在を周囲にアピールして、交通事故防止に努めましょう。

    12月11日から20日まで、年末の交通安全県民運動が実施されます。

    12月11日(火)から20日(木)までの10日間、年末の交通安全県民運動が実施されます。

    年末は、帰省などで交通量が増加すること、年間で日没時刻が最も早くなることなどから、夕暮れ時から夜間にかけ、歩行者や自転車の交通事故が増加する傾向にあります。

    夕暮れ時や夜間に徒歩又は自転車で外出する時は、明るい色の服装や反射材を身に付けて交通事故防止に努めましょう。

    2018年12月3日

    11月は、横断歩道での交通安全取り締まりを強化する、「シマシマ月間」です。

    今月は、横断歩道での交通安全取り締まりを強化する、「シマシマ月間」です。

    岐阜県は横断歩道手前での停止率は約2.2パーセントと低くなっています。

    横断歩道は歩行者が最優先です。横断者がいれば停止できる速度で進行する「義務」があります。横断しようとする人や横断中の人がいる場合、必ず停止して横断者を通行させて下さい。

    歩行者は、道路を横断しようとする際、横断歩道の付近では横断歩道を渡る義務があります。

    ぜひとも、これらを意識しての運転をお願いいたします。

    2018年11月16日

    岐阜基地航空祭開催に伴うお願い

    今年も11月18日(日)に、岐阜基地航空祭が開催されます。

    毎年、県内外から多くの方がいらっしゃるため、会場周辺は大変混雑します。開場前後は周辺で交通渋滞も発生しています。また、今年もブルーインパルスが来基するため、周辺は大変な混雑が予想されます。

    会場周辺には限られた数の駐車場しかありません。路上などへの違法駐車は絶対にしないでください。

    交通渋滞緩和のため、公共交通機関を利用するなどのご協力をお願いいたします。

    2018年10月20日

    早めのヘッドライト点灯・反射材着用をしましょう

    これから年末にかけて、日没時間が早くなり、あたりが急に薄暗くなると、交通事故が発生する危険性が高まります。

    本年7月末の時点で、各務原警察署管内での人身事故件数のうち、薄暮時に発生した事故は全体の約20%を占めています。

    ドライバーの方は、夕方からの「自車の存在を知らせる」早めのヘッドライト点灯を、

    歩行者の方は、反射材を着用し、自身の存在に気づいてもらえるようにし、交通事故発生のリスクを減らしましょう。

    2018年10月10日

    台風24号が接近しています

    強い台風24号が接近しています。

    予報では、岐阜県では30日夕方から雨や風が急激に強まり、30日夜には非常に強い風となる恐れがあるということです。

    前回の台風では、約100件もの倒木とそれに伴う交通規制や停電の影響で信号機が点灯しなくなったりなど、交通において被害がもたらされました。

    今回の台風でも、少なからず被害が出ることが予想されます。安全のため、不要不急の外出は避けましょう。

    2018年9月30日

    秋の全国交通安全運動が実施されます

    9月21日から30日まで、秋の全国交通安全運動が実施されます。

    この時期は日没時間が次第に早まり、ヘッドライトの点灯が遅くなりがちになることで、歩行者の死亡事故が多くなる「魔の時間帯」と言われる時間帯があります。

    当協会と関連団体では、ヘッドライトの早期点灯を促す「トワイライト・オン運動」と合わせて啓発を実施します。

    2018年9月21日

    市内での死亡事故無期間が200日を超え、地区安協が県警から表彰を受けました。

    市内での無死亡事故期間が2月13日から8月31日までの200日を超え、市と、市内諸団体を代表して地区安協が県警から表彰状を受けとりました。

    日ごろから市民の皆様には協会の活動や交通安全にご協力いただいていることが形になったのだと感じます。

    これからも、死亡事故のない安全な地域のため、各団体協力のもと活動してまいります。

    2018年9月9日

    台風の影響により臨時街頭指導等を行います

    本日の台風の影響により、各地域で信号機の向きが変わったり、標識が倒壊したりしています。

    すでに関係機関には連絡済みですが、対応が行われるまでの間、安全のため臨時に誘導などの街頭指導を行います。

    ご近所で交通安全設備の異常を発見されましたら、各務原警察署までご連絡ください。

    2018年9月4日

    交通安全活動のお知らせは、各務原警察署のホームページにも掲載しています。

    岐阜県警察 各務原警察署 - 交通安全活動(新しいタブで開きます)