協会について

交通安全協会とは

"事故が起こってから対処するのが警察だとしたら、事故が起こる前に対処するのは私たちだといえる。"

-当協会記念誌「各務原の交通安全」P3より ※事故=交通事故。

交通安全協会は、誰もが安心することのできる安全な道路交通社会の実現を目指し、広報・啓発などの活動を行っている非営利団体です。

当協会は、各務原市が誕生した1963年の6年後、1969年の12月に発足した交通安全指導隊を元とし、2015年に設立されました。

協会は若年者から退職した元警察官など、幅広い年齢層の者から成っており、「交通事故のない安全な街 かかみがはら」を共通の目的とし、活動を行っています。

現在、各務原市においては、当協会のほかに、交通指導員会、県安協の地区支部や母の会、および交通安全対策協議会があり、総勢100人を超える人たちが、悲惨な交通事故が無くなることを願って活動しています。

スローガン

今年度のスローガンは、

「 あなたの心がけで 世界は変わる。 」

です。

昨年は、市交通指導隊が発足してから50年の節目の年でありました。

しかし、交通事故によって亡くなった方の数が8人と、過去5年で最悪の結果となりました。また、今年に入り、新型コロナウイルスの世界的な大流行が起こりました。

この二つに共通するのは、普段当たり前だと感じていた日常が、突然、当たりまえでない日常へ変わる可能性があるということです。

交通事故は、発生すると被害者はもとより、加害者の生活をも大きく変えます。

コロナウイルスについても、感染すると2週間は隔離され、人と接することはできなくなり、完治するまで普段の日常生活に戻ることは難しくなります。

しかしこの二つにはもう一つ共通点があります。それは、「防げる」という点です。

交通事故は交通ルールを守り、思いやりを心がけていれば、起こる可能性を限りなく低くすることができます。

コロナについても同じです。自分勝手な不要不急の外出をやめ、外出する機会を減らすことを心がければ、人同士の接触を減らすことにつながり、やがて感染数を抑えることができます。

これらは、一人一人が、ほかの誰でもない、「あなた」自身の心がけにかかっているのです。

一人だけの心がけではあまりにも弱いかもしれません。しかし、あなたが、そして周りの人が、心がけることによって、「個」は「集」になり、大きな力を持ちます。

そのために、まずはあなた自身が心がけることから始めてください。そして、周りの人にも心がけを呼びかけてください。

「集」の持つ力は大きいものです。その力があれば、各務原を、つぎに日本を、そして世界を交通事故の危険やコロナの感染危機から守ることができます。「世界を変える」ことも不可能ではありません。

14文字のスローガンには、私たちが考える、こういった思いが込められています。

代表挨拶

昭和30年代以降、「交通戦争」と呼ばれていた時期がありました。歩道や信号機などの交通施設の整備や自動車への取り締まりが不十分なまま、戦後の復興のためトラックや自動車が増加していったために、多くの交通事故が発生し、たくさんの方が亡くなった時期です。

それから約50年が経過した現代の社会では整った交通施設が整備され、主要道路ではほとんどが歩車分離形式になっていますが、様々な機器が登場したことにより、当時とは違った新たな交通事故の原因として、スマートフォンを使いながらの「ながらスマホ」やイヤホンで音楽を聴きながらの「イヤホン運転」などが増加傾向にあります。

また、小中学校PTA保護者会に加入している父母による朝夕の交通安全立哨(通称:旗当番)や付き添いによる負担など、「守る」側の負担も無視できません。

その一方で、技術の発達により自動車の自動運転や自動ブレーキなどの便利な機能が登場し、次第に普及しつつある中、責任の所在や法的な問題などの課題もあります。

このように交通を取り巻く事情や技術が変化しつつある今、従来の交通安全活動をより一層強化した形での活動が求められてます。

従来、市内には県交通安全協会の地区支部として活動している団体や、市交通安全母の会などの交通安全団体が活動していましたが、活動内容をより広く強固なものにするため、平成27年、各団体から元警察官や地域交通安全推進委員などの有志が集まり新たに発足したのが当協会です。

当協会ではおもに従来の各団体では実施してこなかった内容や各団体の補助的な活動を軸に活動しています。

各務原市交通安全協会 協会長

橋本 浩二

協会概要

当協会の概要です。


各種規則

当協会の会則などの各種規則です。


関連団体

市内の交通安全関連諸団体です。


Q&A集

今までに寄せられた様々な質問に対する回答です。


協会心得

  1. 1.私たちは 切磋琢磨し、誰からも信頼される本協会の運営に邁進します
  2. 1.私たちは 自己満足でなく、社会貢献の念をもって活動します
  3. 1.私たちは よき後継者育成に努めます