コラム

交通豆知識です。


夜間自転車乗車時の注意

みなさんは、夜間自転車に乗るとき、ライトをつけていますか?

自動車やバイクと違って、免許が必要なく安価なで身近な乗り物であり、多くの方が利用していて基本的な交通ルールなどの確認不足が多い印象をうける自転車。

無灯火やスマートフォンの画面を見ながらの運転だったりイヤフォンを装着した状態での運転を見かけることがありますが、その行為が原因で過去には死亡事故も発生しており、自転車運転者自身にとって、それに、自動車運転者や歩行者にとっても大変危険な行為です。

事故を起こすと、多くの賠償金を支払うことになったりと、これまでの生活が一変することもあります。

これからの時期は、日が沈むのが早くなり、毎年死亡事故が多い「魔の時間帯」と呼ばれる時間帯もあります。「たかが無灯火」「たかがながら運転」と考えていると、後々に悲しい結果につながるかもしれません。この機会に、ご自身の自転車運転マナーを見直し、そして万一の時のために自転車保険に加入してみてはいかがでしょうか。

協会では、今後もこの問題について、みなさんにご理解いただけるよう、力を入れて活動していきます。

(活動)

自転車の無灯火・ながらスマホ運転は「違法」です

夜間、街頭指導を行った際、無灯火・スマホをしながらの自転車運転が見られて大変驚きました。
ここで、自転車のスマホを使用しながらの運転・無灯火での運転は法的にどうなのかを見てみましょう。
無灯火は第52条に、ながらスマホ運転は道路交通法第71条に記述があります。それぞれ5万円以下の罰金です。
しかし、だからと言ってすぐに捕まって罰金を取られるというのはありません。
ですが、ライトというのは前を照らし、前方に自分の存在を知らせる大切な役割を持っています。
「自転車も車両です。」取り返しのつかないことになる前に、進んで対策をしましょう。
指導隊では、4月15日まで無灯火・ながらスマホ運転自転車を見つけ次第、指導と啓発をする場合がありますので、よろしくお願いします。

(市指導隊)

平成30年度

ご案内